紙漉 サトウ工房を訪問、春の話

紙漉 サトウ工房

紙漉 サトウ工房は、「ホーム」感を大事にして、紙を製作しているお二人です。
長岡市栃尾で紙漉きをしている佐藤さんを訪ねたのは、3月末のことでした。
さて書こうと思ったら、お聞きした専門のお話や細かい内容など、忘れてますねー。
なので、写真中心でお届けします。

この日、栃尾文化センター1階ギャラリーで開催中の「栃尾ゆかりの陶芸家・紙漉き・箪笥再生師・イラストレーターの仕事展」で待ち合わせ。
この企画展示に佐藤さんも参加されており、佐藤さんの漉いた和紙、和紙を使った作品や道具が展示されていました。

長岡市栃尾地域図書館で展示の和紙作品
栃尾地域図書館で展示の手漉き和紙

工房へも伺い、紙漉きの工程も見せていただきました。
たくさんの工程があるのですが、紙漉きの概要という感じです。

原料となるのは、新潟県内で栽培された楮(こうぞ)です。
この皮の表面をそいで、柔らかくほぐし、繊維状にしていきます。

和紙の材料となる楮の皮
楮の皮をそぐ作業
ほぐした楮の繊維

次に登場したトロトロ状のものは、トロロアオイという植物の根をつぶして、水に浸けたもの。
これを濾して「ねり」ができます。

トロロアオイの粘り

「ねり」の粘りが、楮の繊維を均一に水の中に広げさせるために役立つのだそうです。
楮の繊維をつなぐ糊ではないのです。
さらに、時間が経つと粘性が無くなってしまうのだとか。
自然の不思議!そして、扱いづらそう!

楮から取り出した繊維を入れた「漉き舟」に「ねり」も投入し、混ぜます。
また、これが激しい!速い!

トロロアオイから作った「ねり」を漉き舟に投入
漉き舟の中の楮と水とねりを撹拌
漉き舟の中の原料を撹拌

そして、紙漉き作業(記事冒頭の写真)。
漉いたものを、重ねていきます。
たっぷりの水分をもっている紙の一歩手前のものは、ふっくら。

漉いた紙を重ねた状態
水分たっぷりの漉き上がりの紙

水分を抜き、乾かして、紙が出来上がります。
そして、こんな草木染めの和紙も。
ご自身で草木染めの染料となる植物を採取され、さまざまに工夫されています。

草木染めの和紙

写真のは、オニグルミを染料に、鉄媒染で染めたということ。
かっこいい色です。

和紙は、今の日常からはちょっと離れているでしょうか。
手触りや質感、言葉では表しにくい部分がとても魅力的です。
もっともっと当たり前になったら、自分の毎日も楽しくなるかも。

サトウ工房さんの和紙を使って、すてきなモノ作りをされている方がいらっしゃいます。
たとえば、sketch & note さん。
sketch & note さんのサイト内「紙漉サトウ工房の手漉き和紙について」では、作業の様子がていねいに紹介されていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする