ちいさな知恵を毎日にプラスする手帖とカレンダー

マーマーマガジン編集部「わたしの手帖」と「日めくりッ コンシャスプラン カレンダー」

デデンッ。
あっと言う間に、11月も後半です。

マーマーな農家サイト」ボランティアスタッフをしているご縁で、10月末に手元に届きました。
全国書店で、売り切れが相次いでいるという来年の手帖とカレンダー。
『日めくりッ コンシャスプラン カレンダー』は増刷されるそうですが、『わたしの手帖』は「売り切れごめん!!」とのことです。

そんな人気の2点を、ざっくりご紹介します。

ちいさな知恵を毎日『日めくりッ コンシャスプラン カレンダー』

『日めくりッ コンシャスプラン カレンダー』の構成は、次の通り。

『日めくりッ コンシャスプラン カレンダー』の案内

「コンシャスプラン」とは、マーマーマガジンが提案する、毎日の暮らしや仕事をより豊かにするためのちいさな知恵のことです。
それを、日めくりで365日。

2016年版を使用中ですが、もうね「日めくり」ってだけでも、なんだか楽しいです。
気に入ったものはノートに貼って残したり、ほかの日のは裏をメモ用紙にしたり。

ユニヴァーサル・デイ・ナンバー(数秘術)とか、見慣れない単語もあるかもしれませんが、毎日をよく生きるための知恵の一つなんだなぁと思っています。
わたしもほぼ分かっていません。
“数字にもメッセージがある”ってことのように捉えてます。

大きさは、ほぼ葉書サイズ。
365日分プラス巻末に付録あるから、厚い!

コンシャスプランカレンダーの天糊部分

毎日、日めくりすることで、小さな習慣を自分に付けることができます。
やさしい、気持ちのよい言葉ばかりなので、見て、感じることが楽しくなります。
自分の中に、小さな知恵がすこーしずつ積み重なっていくのかも。

たとえば、こんなメッセージ。

10月18日のコンシャスプラン「あるがままで完全」

コラムとワークも魅力の『わたしの手帖』

手帳としての機能だけでなく、自分との会話だったり、何か行動しようという時の参考になるものだったりの知恵や情報が詰め込まれています。
ヒントや本・場所のガイドなどが掲載されている別冊付き。

マーマーマガジン「わたしの手帖」の別冊

白く見えるのは、帯です。
カバーは、深みのある紺もあります。

帯付きの「わたしの手帖」「日めくりっコンシャスプランカレンダー」

毎月、服部みれいさんのコラムと「本来のわたしに戻るワーク」が載っています。
迷っているとき(わたしはずっと迷走中)、こういうコラムやワークが、ヒントに。

「わたしの手帖」毎月のコラム

最初は半信半疑というか、納得はしていない感じで読んでいました。
そんなんでも、毎日、毎月、まがりなりにも取り組んでみると、素直に読もうという気になるものです。
不思議ですね。

そして、見開きに1週間分。
155mm×95mmという小さめの手帳サイズながらも、紙面をめいっぱい使えるデザインです。
ここにも、みれいさんの小さなヒントが載っています。

「わたしの手帖」ウィークリー紙面

気になった方は、マーマーマガジン編集部サイトをチェックしてみてください。

2017年は手帳や日記がたくさん

この2つが届く前に、すでに来年以降の手帳は買っておりました。
日々の予定と記録用に「ほぼ日手帳 WEEKS」、そして石井ゆかりさんの「星ダイアリー」、さらに「10年メモ」。
どうする、わたし?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする