乳酸菌を毎日補給

飲むヨーグルトR-1 低糖・低カロリータイプ

風邪予防に効果あるとか話題らしい、明治のヨーグルトR-1。
明治プロビオヨーグルト R-1のホームページを見ても、特に詳しいことは書いてないんですよね。
「この乳酸菌がつくりだすEPS(多糖体)は、新しい可能性を秘めた成分です。」

ただ、「実感として、長年の足の冷えが改善した」という声を直接聞いた母の推薦で、飲み始めました。
始めて1週間。
今のところ、おいしいだけですが、密かに別の期待を持っているわたしです。
腸内環境、乳酸菌と記憶の関係にです。

ピロリ菌除菌

10年以上前、十二指腸潰瘍になりました。
自分的には瀕死の貧血で病院へ行き、即1週間入院。
退院直後から、原因とされる「ピロリ菌」除菌が始まりました。
大量の抗生物質というのを飲むアレです。

弱ってたし、信頼できるお医者さんだったので、ちゃんと守って飲みましたよ。
「ピロリ菌、ごめんよぉ」と、それまで30年以上一緒に居た菌とお別れ。
ただ、今になって思うと、ほかの腸内細菌も大量に死んじゃったんじゃないかと。

冷静なときなら、もうちょっと体力が回復してからとお願いしただろうに。
それまで、ほとんど医者がかりも無かったので、抗生物質飲むのも珍しいことでした。

除菌から変わった気がする:食べること

まず、変わったのは、食べる量。
当時は、年のせいだと思っていましたが。
振り返ると、あの後、十二分まで食べられないのですよ。

その前が異常だったのかな。
だけど、たまには思いっきり食べたいときもあります。
お酒が飲めないわたしは、ストレス発散といったら、食べること。

今でも、残さず食べるし、小食ではありません。
充分「食べてる」と云われるかもしれませんが、こんなもんじゃなかったのです。
焼肉数人前、食べたいです。

除菌から変わった気がする:記憶

記憶力なのか、記憶自体なのか…。
とにかく、もともと弱かったと記憶している、幼い頃・学生のころの記憶は薄いです。
まぁ、除菌以降の記憶力も弱いです。

そして、そう思っていること自体も本当なのか、ときどき不安になります。
違う病気かしら。
でも、記憶が抜け落ちてるわけでも、たぶん認知症でもないと思うんだけど。

腸と脳は関係しているとも云われますよね。
だから、あながち外れてもいないような気がしています。

乳酸菌の力に、ちょっと期待している

だから、R-1を飲み続けることに、ちょっと期待しているのです。
腸内のどこかに、本当の食欲や記憶、やる気が残っていて、活性化されるのを待っているんじゃないかしら。

無糖のヨーグルトを毎日食べ続けたことはあったけれど、1ヶ月は続かなかったです。
そして、そのときは特に変化も感じなかったのでした。

そう、かなり鈍いんです。
それが不安。
それから、糖分取り過ぎとか、お高いからとか、躊躇していました。
この際、1ヶ月は続けてみます。

「R-1で、効果感じてるよー」という感想や、「そんな時は、これが効果あるよー」というアドバイスがありましたら、コメントお寄せください。
よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする