紙に夢中

切り抜き素材の紙

紙好きな人に、強くお勧めしたい。
切り抜き」がとても楽しいです。
夢中になると、ご飯もトイレも忘れるくらいです。
といっても、忘れそうになるのは一食分だけですけどね。

身近にある紙を使って、一つのモチーフの切り抜きを日々続けるだけ。
道具は、はさみとスティック糊、そして貼るためのノート。

わたしは、モーネ工房の通信講座で、その楽しさを知りました。
面白そう、楽しそうと受講を決めたのですが、期待以上の楽しさです。
モーネ工房主宰の井上由季子さんの著書『老いのくらしを変えるたのしい切り紙』を参考に、一人でも楽しめると思います。

通信講座を始めてから、この本を取り寄せ、読んでます。
「ノートに1日(1作品)1ページ」という体裁がいいとアドバイスも、納得です。

夢中になる時間」というのは、自分への一番のギフトなのかも。
“あぁ〜、紙については、ヘンタイ的だわ”と自覚し、ニヤニヤしています。
そのヘンタイ性を思う存分発揮していいのです。

今までだって、発揮しても誰にも迷惑かからないヘンタイ性ですが、発散・展開する場が出来たことが、大きな恵みです。
しかも、相手が、憧れていた井上由季子さんなのですから、この上ない幸せ。

あ、今日は金曜日ですね。
しいたけさんの占いの通り、バタバタした1週間でした。
“当たり過ぎだよ”と思いつつ、やさぐれて、別のブログを「裏ココチノ」って名前に変えたりしてました。
お陰様で、起こった複数のバタバタは収束。振り返ってみると、いい週でした。
ほんと、どう捉えるかなんだなと納得です。

みなさま、よい週末、たのしい連休をお過ごしくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする