“白髭のじいさん”と呼ばれている精油

精油「サンダルウッド」

なーんとなくモヤモヤするのは、新月だからかしら。
モヤモヤな空模様のせい?それとも、空腹だから?
その違いが分からない自分もどうかと思いますが。

思い出したのが、昨日届いた aromatic botany (アロマティック ボタニー)からのメールマガジン。

わたしが“白髭のじいさん”と呼んでいる精油があります。
それはサンダルウッドという木の精油です。
じいさんは長いこと生きてきたので、いろんな知恵を蓄えています。
精油って実はとても饒舌なのです。だからときに、香りを嗅いだだけで、思わぬ自分の本当の気持ちに気づかされたりするのでしょうね。

この文章は、「こころひらくアロマテラピー講座」の案内に書かれていました。
福岡在住の aromatic botany 松田純子さんと出合ったのは、マーマーマガジンの講座「あたらしい自分になる香りづくり」でした。
もう3年前のこと…。

福岡や東京で開催される松田さんの講座に参加するのは、正直難しいです。
しかし、メールマガジンで、ちょうどいいヒントをいただけることも。

早速、「サンダルウッド」の精油を買ってきました。
ご縁に感謝しながら、“白髭のじいさん”と対話してみようと思います。

今回は、ちょっと贅沢に、そして直感で、オーガニックなものを選びました。
比べると、香りの感じ方が全然違うんですよね。オーガニックなものの方がやさしい。
その時の体調にもよりますけどね。

サンダルウッドは、和名は白檀。お線香・お香でもおなじみですね。
どおりで、落ち着くはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする