文具一机市@池田記念美術館 御礼

池田記念美術館での文具一机市

いやー、楽しかった!
「一箱古本市」開催中の池田記念美術館での、一日限りのイベント「文具一机市」。

おいでいただいた皆さま、お買い求めくださった皆さま、気に留めてくださった皆さま、ありがとうございます!
気持ちよく、楽しく、活動させてくださった池田記念美術館の皆さま、本当にありがとうございます!
そして、企画し誘ってくださった Kさん、「一箱古本市」のスタッフの皆さまに、感謝申しあげます。

お陰様で、想像以上に、ノート売れました。
いろいろ準備不足だったのですが、一目で決めてくださる方もいらして、とても嬉しかったです。

今回の準備のために、過去の販売時の資料を見直して、その懲りように苦笑い。
今は情熱と体力、知力が弱っているのかしら。
次回、どこかに出る時には、自作の配布用カタログを用意したいです。

「こすずめ通信」発行できればなぁと思いましたが、間に合わなかったです。
先週の一箱古本市@六日町駅前で、「こすずめ通信」のことを言ってくださる方も居て、とても嬉しかったです。
ずいぶん前のように思えますが、今年初めのことなのでした。

「こすずめ通信」、そして、予定のない「すずめ商店の Thinking Power Notebook カタログ」のことを考えていたら、編集を学ぶ機会ができました。

「一箱古本市」発起人でライター、編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを迎えての講座が、池田記念美術館で開催されるのです。
早速、申し込みましたよ。

伝える道具、フリーペーパーの設計図を作るワークショップ
日時 : 2017年6月17日(土) 14:00 – 16:30
場所 : 池田記念美術館 多目的ホール(南魚沼市浦佐5493‐3)
参加費 : 2,000円
定員 : 10名
詳細は、「ブックイズム魚沼」Facebookページにて
https://www.facebook.com/bookizm.uonuma/posts/1272822016120159

当日までに、テーマを絞らなければ。
「こすずめ通信」やカタログ以外になる可能性も大。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする