ito.さんに、かぎ編みバッグを習ってきました

ハイネでのワークショップで作ったミニバッグ

火曜日、店番じゃないのに、ハイネに居ました。
ニット作家 ito.さんの編み物ワークショップに参加してきたのです。

ito.さんの作品の代名詞ともいえる、カラーブロックの編み方を教えていただきました。
左のミニバッグが当日作ったもの。
そして帰ってから、貰ってきた残り糸で、右の小さなのを作りました。


ニットイベント

ハイネ店内のテーブルを囲んで、ito.さんと参加者4人。
飲み物やスイーツをいただきながらの、楽しい時間でした。
時にワイワイ、時に無言で手元に集中、予定時間を1時間オーバーする熱中ぶり。

そういえば、ちゃんと習ったことなかったです。
家庭科で習った?(大嫌いだったなー、家庭科)
小さい頃に母に教えてもらった後は、自己流に編み物本を読み解いて作ってました。
そう、まったくアップデートできていませんでした。

今さら…とも思いましたが、挑戦。
ここ数年、あたらしいこと、誰かに習うことが面白く感じています。

作ったバッグには、ハイネの人気商品の一つである、ビスケット。
いや、このビスケット、危険。ついつい、2つは開けちゃいます。
もう、買いません。

ニットバッグとビスケット

今、作りたくて、しょうがありません。
習ったことを忘れないためにも。
買ってあるアクリル毛糸が終わったら、糸を買いに行かなくては。

切り貼りも楽しくてしょうがない。
手元で出来ることと、色合わせ楽しいことが共通点でしょうか。
本当に好きなことしてるって楽しい…と、今さらながら感じてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする