大地の芸術祭アート巡り-2

先週日曜日、友人と「大地の芸術祭」十日町地域の作品巡り。
写真は、Picasaウェブアルバム「大地の芸術祭アート鑑賞、とか」の会場No.9からNo.39まで。

旧東下組小学校から出発。
途中まで、「うぶすなの家」へ向かう道と同じで、分かれ道からは「うぶすなの家」よりも近かったです。

ここには、ポスターにも登場している、パーカーを深くかぶる子が居ました。
沢山のカメラマンの被写体になっていました。

大地の芸術祭 旧東下組小学校の作品

大地の芸術祭 旧東下組小学校の作品


同じ階の「妻有の杜」もいいと思いました。
妻有地域の自然と社を撮った写真がキレイでしたし、BGMに神楽(?)だったか音楽が流れていたような…。

大地の芸術祭、旧東下組小学校の作品

大地の芸術祭、旧東下組小学校の作品

ランチは、来訪2回目の絵本と木の実の美術館
Hachi Cafeの「山のアロスセット」と「水出しコーヒー」。
Hachi Cafeのコーヒー豆は、地元の自家焙煎珈琲のお店ミールクラフトさんのお豆です。

鉢カフェ「山のアロスセット」

鉢カフェ「山のアロスセット」

今回、一番人気という絵本と木の実の美術館
一緒に行った友人の運のお陰か、割合空いている時間帯に見れました。
会場を出る時には、近くの道路上も車でいっぱいでした。

話題となっている、No.23アントニー・ゴームリー「もう一つの特異点」・No.24石塚沙矢香「うかのめ」にも足を延ばしました。
いずれも空家プロジェクトの作品。
「もう一つの特異点」は、上手に撮れずに写真無し。
「うかのめ」は、いっぱい撮った割に上手く写っていませんでした。

うかのめ」の会場では、作家さん本人がいらっしゃいました。
無数の米の糸が吊るされているのですが、ねずみの被害に遭うこともあるとか。

キナーレに行って、ブラブラしつつ、蛇マークのスタンプをゲット。
ショップコーナーはすでに閉まっていて残念でしたが、「日本文理高校決勝出場!」の号外を手に入れ帰ってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yuki より:

    「妻有の杜」、いいですよね。私はこの小学校の作品で一番良かったですよ。
    HachiCafeの「アロス」、いいなあ。おいしかったですか?私は人が多くてたどり着けてません。作品は見ましたけど。こうなったら「大地の芸術祭 秋」まで待つか…と思ってます。

  2. ジロー より:

    yukiさん、
    「妻有の杜」、この会場で一番長く居られる(居たい)作品でした。
    廊下の地図を見たところ、莇平の神社にも来られていて、写真もあったんでしょうけど、気づけませんでした。

    HachiCafeの「アロス」は、意外と薄味?
    焼いた野菜が美味しかったです。
    お食事メニューでは、うぶすなの家のメニューが一番好きです。

    > 私は人が多くてたどり着けてません。
    やっぱり、ラッキーだったんですね、私。

    先週はもう1回、別のところを巡りました。
    それについては、また書きますが、yukiさんオススメの「上鰕池名画館」は、一番楽しかった!

    「大地の芸術祭 秋」の内容、早く分かるといいですよねー。
    すでに発表されてます?

  3. ヒヨコ より:

    パーカーを深くかぶる子、見たかったです〜。
    さっき思わず作家さんのHPをのぞいてきました。
    作品に付けられた題名も、なんだか心にツンと来るものがあって
    すごく気になります。
    秋版でもぜひ公開してほしいなあと思います。
    うぶすなの家のご飯、また食べたいですね!

  4. ジロー より:

    ヒヨコさん、
    意外とここ近かったです。気持ち的に。

    うぶすな家ランチと旧東下組小学校、そして「森のひとかけら」のブランコなんてプラン、どうです?