富山市への小さな旅 – 路面電車に乗ってきた

セントラムの黒い車体

富山市は路面電車の走る街。
なにげに電車好きの私は、路面電車に憧れのようなものを抱いています。
車より、バスより、電車が好きなのさ。

1回200円の運賃で、ワンマンバスのように運転手横の料金箱に支払います。
乗り放題みたいなのがいいなぁと、購入したのが「ぐるっとグルメぐりクーポン」。
1,000円で、ます寿司1/8切れや甘味がもらえるクーポン4枚付き。

富山市「グルメぐりクーポン」

ガイドマップには、乗り放題で利用できる範囲とクーポンが使えるお店の情報が載っています。

富山市「ぐるっとグルメぐりクーポン」裏面

「ぐるっとグルメぐりクーポン」は、ポートラムには使えません。
ポートラムも使える「富山まちなか岩瀬1日ふりーきっぷ/800円」の方が良かったかも。
「市内電車・バス1日ふりーきっぷ/600円」でも良かったのです。

しかも、泊まったホテルにはフリーきっぷ込みのプランもありました。
うっかり、レディースプランなんてのに申込んじゃったんですよね。
しかも、レディースプランの特典は私には必要ないものが多く、失敗でした。

ポートラム

ポートラム

ポートラムの終点「岩瀬浜」の目の前が、古道具スイヘヰ社です。
気持ちがはやり、早く着き過ぎ、ウロウロしました。

ポートラムの車中では、終点一つ前の「競輪場前」でほとんどのお客さんが降りました。
空っぽの車内。

ポートラムの車内

セントラム

市内環状線のセントラムには、koffeから林ショップへ行く時と、林ショップから富山駅に戻る時の2回乗車。
「県庁前」停留所が工事中で、吹きさらしの仮停留所のため、寒かったです。
ろくな写真が撮れてない!

セントラム

富山駅前に戻ってから、乗ってきたセントラムを撮ったのが記事冒頭の写真です。
確か、セントラムの車体は3色あります。
そのうちの2つに乗れたということですね。

路面電車

ザ・路面電車のタイプにも乗りました。

富山市の路面電車

別の車体にも乗ったのですが、カメラ構えそこねました。
1月から運行を開始したというレトロ電車も見かけましたが、写真無し。
どうせなら、本気で乗ったり撮ったりしなくちゃアカンと、反省です。

路面電車以外

富山駅で見た青い電車

帰りの特急のホームへ向かうとき、目に入った青い車体。
可愛らしかったので、パチリ。

富山駅で見た、青い電車

ほくほく線

ついでに、ほくほく線。
この電車に乗って、直江津へ向かいました。

ほくほく線の電車

あぁ、また電車に乗って、どこかへ行きたいな。
富山へのお得な切符があれば、いいのに。
まつだいから富山まで、約2時間です。

不思議な運賃計算

そうそう、行きと帰りの電車賃が違って、ビックリしました。
行きは、券売機で直江津までの切符を買い、直江津駅で富山までの自由席特急券と乗車券を購入しました。
帰りは、みどりの窓口で、まつだい駅までの乗車券と直江津までの自由席特急券。

なんと、帰りの方が高かったのです。
イメージとしては、通して買った方が若干割り引かれるのかなぁと思っていたのですけど。

以下は、昨夜 Googleの乗り換え案内で運賃計算してみたスクリーンショット。
多分こちらは指定席料金の計算です。

まつだいから直江津:770円+直江津から富山:4,180円=4,950円
まつだいから直江津までの電車賃
直江津から富山までの電車賃
まつだいから富山:5,080円
まつだいから富山までの電車賃

ね、130円も違うんです。
セコイ私、乗り継ぎの時間もあったし、知ってたら直江津駅で区切ってたなぁ…。

昨夜の検索時点では、「運転見合わせ」があったので、赤い!マークが表示されました。
雪と風、恐るべしですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする