富山市への小さな旅 – 薬屋さんでランチ

池田屋安兵衛商店 「薬都」のランチ

富山といえば薬
薬に関するお店にも行きたいなぁと思っていました。
ランチは、池田屋安兵衛商店2階の薬膳料理「薬都」へ。

予約で「健康膳」コースもあるそうですが、一番お安い「玄米膳」を。
玄米のリゾットですかね。
松の実なども入っていて、チーズもたっぷり、丁度いい量でした。

1人あるいは2人連れの女性客ばかりでした。
ゆったりできる空間で、居心地良かったです。
建物の構造のためか、人が歩くときの振動が結構大きかったですが。

こちらでは、路面電車一日乗り放題のために買った「ぐるっとグルメぐり」クーポンが使えます。


ぐるっとグルメぐりクーポン

そのクーポンで頂いたのが、このアイスクリーム。

ぐるっとグルメぐりクーポンで手に入れたデザート

池田屋安兵衛商店は『反魂丹(はんごんたん)』で有名だということですが、私は初耳。
しかし、それを証明するように、ランチを終えて1階に降りると、沢山の人だかり。
観光バスのコースになっているようでした。

旅の楽しみに「食」もあるはずが…

この小さな旅の「食」は、直江津駅の駅弁から始めました。
しかし、薬膳ランチ以外はピン!と来るものがありませんでした。
以下、記録。

直江津駅の駅弁「かにずし」900円

“さっぱりとした”という売り子さんの言葉に、買ってみました。
ちょっと、さっぱりし過ぎかしら。
酢が強くて、かにの風味は期待したほどではありませんでした。

直江津駅の駅弁「かにずし」パッケージ
直江津駅の駅弁「かにずし」中身

名物の鱈弁は以前食べて美味しかったけれど、そのボリュームは要らない…という状態。
そして、寒かったので、何か気持ち的に買いたくなったんですよね。
電車の中で買えばよかったじゃん…。

ぼんやりしていて、座った席も山側でした。
車窓から見る日本海が好きなんですけど。
だから、通路向かいのおじさん越しに冬の日本海をチラチラ見てました。

ビジネスホテルの朝食バイキング

ホテルの朝食バイキング

レディースプランは朝食付き。
レビューを見ると、朝食の評判がいいので、楽しみにしていました。
あぁ、でも、私ったら、ホタルイカとか海の幸が苦手じゃないか…。
もちろん洋食もありましたし、メニューは豊富だったのですが、やっぱり「ご飯」。

ずいき・油揚げ・長ねぎの入った「団子汁」が美味しかったです。
ずっと苦手だった「ずいき」が美味しいって…自分が不思議です。
そして、ご飯はやっぱり家の方が美味しいですよね。

とりあえず、白えび天丼

白えび天丼

帰りの電車に乗る前に、早めの夕食。
とやま駅特選館内の白えび亭で「白えび天丼」を食べました。
やっぱり、富山って言うと「白えび」ってイメージがあります。

お腹空いてるときに食べた方が、もっと美味しいだろうなぁ…。
ピントも合ってません、愛が足りないですね。

魚介より肉の方が好きなんだなぁ、自分…と思っちゃいました。
もっと「食」に対しても、貪欲に情報収集した方がいいですね。
立ち寄ったお店の人に尋ねてみれば良かったかなぁとも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする