五十音の鉛筆補助軸「ミミック」入手

信頼文具舗で五十音 「ミミック」(赤)を購入しました。
渋い紙箱に収まっていました。

五十音ミミックの箱 五十音ミミックと箱 五十音ミミック

ミミック」は、「擬態(ぎたい)」という意味。
セルロイド製の萬年筆のようですが、鉛筆補助軸です。
東京銀座の小さな文房具店「ボールペンと鉛筆の店 五十音」オリジナル。
それが、有り難いことに信頼文具舗から通信販売で買えるのです。

7,300円という価格。
お高いかなぁと思いましたが、信頼文具舗さんの商品説明に惹かれ、思い切って購入しました。

大阪・生野の職人、藤本寛さんの手により、旋盤で1本1本丁寧に作られた軸は、優しいツヤ。
そして不思議と、手指が微妙に吸い付くような感触があります。

届いた「ミミック」を手に取り、選んだことは大正解だったと確信します。
ギザギザが痛くないかしら?なんて心配していたグリップは、かえって手に馴染む感覚があります。

去年買った「五十音 小芯mono」を装着してみました。
うーん、いい感じ。
しかし勿体なくて、まだ使えません。
やっぱり、いつものuni(B)を装着。

五十音ミミック 五十音ミミック 五十音ミミックといつもの補助軸

鉛筆は、一番使う筆記用具です。
小さくなっても、ギリギリまで使っていたいものです。
今までも補助軸を使っていました。

これからは、ちびた鉛筆が、ミミックで美しく実用的に変身!
とても気分よく仕事できます。