わぁ、もう4月

ふきのとう

2月の滞りが解消し切れないまま、いや、なんとか区切りをつけられた3月がもうすぐ終わります。
ふぅ…と一安心。

フキノトウは、もう大きくなっていました。
延びた茎を炒めてもおいしいよな、なんて思いながらシャッターを切りました。

実家の周りを歩き、苗の植えつけを待つ畑を見て、心おどる自分に驚きました。
山菜はもとより、ほとんどの野菜だって、嫌いだったのに。
きのこも食べられなかったのに、今では、ほだ木にしいたけを見つけて幸運と感じます。

それだけでも、大げさに言えば「生きていてよかったなぁ」と思います。
昔は、春も嫌いだったなぁと思いつつ、春の気配がうれしくてしょうがありません。

ところで、今日は楽しみにしているラジオ番組が、特別番組で放送されないことに先ほど気づき、意気消沈しています。
そして、ブログを書いてるわけですが、久しぶりすぎて、大した内容じゃないのに進みません。
書きたいこともあるのだけれど、なかなか文章化できません。

身体も、頭も、感覚も、意識して使わないと、こんなに鈍るのかぁとヒシヒシと感じる冬でした。
反面、意識を向けると、ちゃんと応えがあるということも感じている春です。
あぁ、どうなるか分からないこれからが楽しみ。