雪下にんじん

雪下にんじん、「はまべに」と「ひとみ」先日、津南町の農家「はらんなか」さんから、ただいま収穫最盛期の雪下にんじんが届きました。
「はまべに」と「ひとみ」という品種です。
「はまべに」の方が、ちょっと丸っこい、寸胴型の印象です。

スーパーで買うものに比べると、大振りで、香りも強くて、普通の人参っぽい力強さがあります。
自家製野菜に近い味、いい意味での土の力強さを感じました。
違いが分かるタイプではない私の云うことなので、余り参考にはなりませんが。

雪下にんじん」という名の通り、雪の下で越冬した人参は甘味があって、特に生食向きということ。
サラダで頂きました。

今は野菜がどんどん甘くなってますが、雪下にんじんの甘さは、雪の下で越冬させることによって生まれる自力の甘味。
雪の下で凍らないように、にんじんが自らの糖度を上げる、健気な甘さなのです。

リボンカフェさんの「雪下にんじんのシフォンケーキ」とか、スーパーにいっぱい「雪下にんじん」が並んだり、まさに旬の味です。