鉄のフライパンで、ラーメンの具作り

tetsufryingpan1

春に買った鉄のフライパンで、料理ともいえないほどのラーメンの具を作る休日。
畑から採ってきたミニトマトを焼くだけ。

去年からの私の定番なのです。
オリーブオイルにニンニク、そこにトマト、これが塩ラーメンに合うんです。

直径20cmを買ったため、普段のおかず作りには余り出番がありません。
“あと一品”の炒め物などに重宝してました。
しかし、旅行から帰ってきたら台所の配置が少し変わっていて、自分の体調の悪さもあって、しばらく使っていませんでした。

1ヶ月ぶりに対面。
もしかして、錆が出ているかしら?と思ったけれど、全然大丈夫。
自分の無精ゆえなのですが、心配だけはしてました。

1ヶ月ぶりに出した、鉄のフライパン

で、調理開始。
はい、アッと言う間に終わり。
ミニトマトを採りに行ってた時間の方が長いです。

横のコンロで「マルちゃん正麺 塩」を茹で、茹で上がりちょい前に冷蔵庫に長く居たレタスを投入。
今回は、塩コショウするのも忘れちゃったけど、ちょうどいい塩加減でした。

マルちゃん正麺 塩味にミニトマトとレタス

新潟の鉄フライパン

この「鉄のフライパン」を買ったきっかけは、新潟のデザイナーと新潟の製造メーカーによる製品だったからでした。
コンセプトは、“良いモノを永く使う”。
しかも、“錆びにくく、お手入れが楽な鉄のフライパン”だというので、買ってみました。

仕事でお世話にもなっているデザイン事務所エフディー 直営オンラインストアで購入。
楽天ショップでも販売されているので、楽天会員の方はそっちの方が便利かも。
直径26cmサイズもあります。

そういえば、購入時のレポート、書いてませんでした。
製品パッケージも素敵だったのです。
ギフトにも良さそうです。

エフディー「鉄のフライパン」商品パッケージ

購入直後のレポートは、また改めて。