すばらしい日々

芍薬の花に蟻

よしもとばななさんの随筆『すばらしい日々』を、図書館で借りてきました
生と死、日常について、優しくも力強い文章で綴られています。

言葉と本によって励まされることの多い私には、大切な本になりそうです。
これは買って、手元に置いておかねばなりません。

以前、自分の夢として「ていねいな暮らしがしたい」と、どこかに書きました。
しかし、グウタラで自分に甘い私は、早起きも出来ず、腰が痛いからと掃除も思うようにせず、体調悪かったら部屋に引きこもり、田んぼや畑も手伝わず…。
言葉だけで行動が伴わないのは今まで通りさ、とまで思っていました。

この本を読んで、せめて心持ちだけでも「ていねいに」と思い直しました。
思っていることは現れると信じています。