妻有ポーク

先日、十日町を案内した時に、「十日町だから買える食材って?」と聞かれ、魚沼の「大力納豆」を勧めてしまった、私。
「文化納豆」が消えてからの、我が家の納豆大本命。
「大力納豆」は美味いですけど、十日町産の味ではありません。
そして、魚沼地方では、結構メジャー。

同じメジャーな商品でも、「妻有ポーク(つまりぽーく)」というのがあったと、今日気づきました。
松代の酒屋さん「三笠屋」さんと話をしていて、です。
川西のファームランド・木落(きおとし)から出ている、十日町の銘柄豚です。

ファームランド・木落の精肉製品は、松代のAコープでいつも買っているけれど、安いのばかり買っているから、私が食べているのは「妻有ポーク」ではないかもしれません。
今度、よく見なければ。
今日見た限りでは、松代のAコープで売ってる豚肉(ファームランド・木落)は、全て「妻有ポーク」でした。
シール貼ってありました。

農産物なら、やはり農協系のお店を覗いてみるのがいいのかも。
まだ行ったことのない直売所「ベジぱーく」へも、リサーチに行ってみなければ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひぐち より:

    以前 妻有ポークを買い込んで秋山郷でBBQ仕込みました。
    めちゃ美味しかったですよ!!シンプルに塩焼きで十分。
    大力納豆も知ってるーー文化納豆も!何気に納豆マニアなんです。
    納豆は紙のラベルのものが美味しいように思えますね。

  2. ジロー より:

    ひぐち様
    妻有ポークでBBQとは!
    さすが、ひぐちサマ、大人な感じ。

    大力納豆、文化納豆までご存知とは!
    大力納豆は、上越でも手に入りますか?

    食べ物の話題書いといて、写真が無いっていうのは、我ながら寂しい記事ですね。