熊谷守一美術館へ行ってきました

熊谷守一美術館で買ってきたポストカード

先日、東京へ行くことがあり、ずっと行きたかった熊谷守一美術館へ行ってきました。
自分用のお土産は、展示を観ていいなぁと思った、桃色と白のクレパスで描かれた『日輪』と『朝の富士』のポストカード。

面と線での捉え方がすごいなー!と。
自由でやわらかい心を持った方だったんだろうなぁと感じました。
絵画はもちろんですが、書がすてきです。

熊谷守一が亡くなるまで45年過ごした場所に設立された美術館。
“区立”なのにとても個性的だと思ったら、もとは熊谷守一の次女が私設で設立し、豊島区に作品を寄贈したことで“区立”となったようです。


熊谷守一美術館建物
熊谷守一美術館の看板

館内の雰囲気が柔らかく、カフェスペースもあるのです。
ほかにも寄りたい場所があったので、もう一度『日輪』と『朝の富士』を堪能してから、美術館を後にしました。

最寄り駅から熊谷守一美術館への途中に見た、Y字路の細いビルも印象に残りました。
街の面白さ。

要町のY字路