映画『Beauty うつくしいもの』

「Beauty うつくしいもの」ポスター12ヶ月点検+鉄粉落としが予定より1時間半ほどかかることになり、運よく『Beauty うつくしいもの』を観る時間が取れました。
16時の回を観に、10分ほど前に十日町シネマパラダイスに行くと、観客が見えません。
まさか私一人?と申し訳ない気分でいると、予告編の間にあと3人いらっしゃいました。

内容もよく分からずに観ましたが、ものすごく良かったです。
上手く説明できないのですが、感動なんです。
「悲しい」とか「すごい」とか「きれい」とか考える前に、涙が出てきました。
すっきりするくらい涙が出ました。

白塗りの片岡愛之助さんを見て、十五代目片岡仁左衛門さんの若い頃を思い出しました。
松嶋屋の色気でしょうか。

十五代目片岡仁左衛門さんは、「片岡孝夫」時代、テレビで見て格好良いなぁと思っていました。
勿論今でも格好良いです。
この映画にもちょっと出演されていました。

劇中の歌舞伎を観ていて、やっぱり一度は生で観てみたいなぁと思いました。
歌舞伎のこと、もっと知りたくなりました。
すると、歌舞伎公式ウェブサイト|歌舞伎美人(かぶきびと)なるサイトが。
歌舞伎座にも行ってみたい!