お寺でジャズ

昨夜、上越市の浄興寺で行われた「BASS TALK(ベーストーク)」のライブに行ってきました。
結論から言いましょう、最高でした

ベーストークCD
ベーストークCD

ジャズはおろか音楽全般に疎い私ですが、ミーハーなきっかけからBASS TALK率いるベーシスト鈴木良雄さんのCDを2枚持っておりました。
ほぼ日刊イトイ新聞「ほぼ日レコード」で購入したのです。
ほぼ日ファンの私は、「ほぼ日」ってだけで興味を持ちます。
そして、このレーベル「一(ONE)」にタモリさんが名を連ねていたことがきっかけで購入を決意したのでした。

届いた『LoveLetter(ラヴ・レター )』は、とても心地いい音楽でした。
もうひとつは、『For You 』。
ずっと好きで聴いているだろうなぁと思う音楽。
それを生で聴ける機会が訪れたのです。ついてる!

といっても、上越までは車で1時間余り。
ライブの開催を知ったのは、前日の夜。
迷っていましたが、友人が背中を押してくれ、ライブに行くことになりました。
超ついてる!

お寺の本堂で聴くジャズ。
演奏者と近くて、ちょうどいい距離に思えました。
心地よい音楽で気持ちよくなり、「なんか凄い!?」技術にビックリし、演奏者自身が楽しんでいる雰囲気がまた楽しかったです。

ベース・ピアノ・フルート・パーカッション、どれも素敵で楽しかったのですが、パーカッションの岡部洋一さんが燕市の福勝寺でお経「正信偈(しょうしんげ)」とコラボレーションしたCDを作られたという話に興味津々。
会場でCD買ってきました。
うちも浄土真宗ですから。