ブックカバー

クラフト紙のブックカバー

A4クラフト紙にモノクロレーザーでプリントした、文庫本ブックカバーです。

以前から、何かオリジナル商品を作りたいと思っていました。
なるべく小さくて嵩張らないもので、自分でも欲しいと思うもの。

最初に思いついたのは、ポストカード。
しかし、私の使っているインクジェットプリンタでは葉書サイズにきれいにプリント出来ませんでした。
確定申告の際に帳簿をプリントしていてインク切れになり、安くなってたモノクロレーザーを購入。
これで、何か作れないかと思いました。
先日、たびのそら屋に置いてきた「すずめ商店」パッケージもその勢いによるものです。

オリジナルブックカバーも前々から作ってみたいと思っていたので、とりあえず作ってみました。
自分が使うことを考えると、シンプルなものになります。
線…。
中ほどの四角は、あるもの為のスペースです。


ブックカバーにハンコ

そう、ハンコです。
自分の好きなハンコを捺せば、より楽しいかなぁと。
想定しているのが、本間印鋪さんのゴム印ですけど。

いつかの古本販売の機会にと妄想し、スリップも作ってみました。
カバーで中身が見えないから、飛び出た部分に書名をと思いましたが、長いタイトルの場合使えません。
開くまで書名が分からないままでもいいかも。

スリップ

楽しく妄想と工作を繰り返してますが、このクラフト紙はブックカバーにはやや硬いのでした。
レトロ印刷わら半紙あたりで作るのが理想ですが、100枚から。
蔵書もそんなに無いし、ちょっと悩むところ。
欲しい人居たら、モニターってことでお分けしますけど…。