毛玉取りブラシを買ってみました

毛玉取りブラシ

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」なるものを買ってみました。

お気に入りのニット、電動の毛玉取り器だと穴をあけちゃうこともあり、ビビります。
実は、一度引っ掛けて穴をあけちゃいまして、それ以来、電動では毛玉取りせず…。
手で一つ一つ取るにも限界が。

私には、デリケートなニットは合わないのかもなぁと思いました。
しかし、着心地がいいのでもっと着たい!
けど、これ以上穴を開けたくない!

そんなことを思っていたら、素敵な毛糸を知ったベニシアさんの番組で、ブラシを使って毛玉を取っている様子を見ました。
出来れば、手のひらに収まる形のそれが欲しかったのですが、買ったのは柄のついた2,100円のブラシ。
試してみたら、楽しい!


毛玉がボコボコ

毛玉ボコボコのが、きれいになりました。

毛玉取り後

このニットは、細い糸なのでブラシが引っ掛かりやすく、割と時間がかかりました。
少しずつ、手作業できれいな状態に戻って行くのは快感です。
優しい気持ちになれます。
調子に乗って、他のニットや靴下、ハラマキ付きレギンスのハラマキ部分も毛玉取り。

ブラシに、毛玉部分が残ります。
一番上の写真にある小さな熊手みたいなので、毛玉取りブラシをきれいにします。

毛玉取り後のブラシ

毛玉取りブラシを使うと、編み地や糸によっては、けば立ちが気になるかもしれません。

楽しく毛玉取りをしていたら、お気に入りのニットに新たな穴を発見してしまいました。
虫喰いではなく、何かに引っ掛けたような…。
繕いも自分で出来ればなぁ、とか思ったりしています。