谷村美術館で、村野藤吾氏の建築に触れる

谷村美術館

糸魚川市に、建築家 村野藤吾氏設計の谷村美術館があります。
彫刻家 澤田政廣氏の仏像を中心に展示した美術館です。

“なんとなく建築が好き”なので、著名な村野藤吾氏が設計した谷村美術館へ、いつか行きたいと思っていました。
しかし、糸魚川は私には遠い…。
と思っているうちに、2009年1月に閉館となりました。
がっくし来ていたら、昨年、再開!

いや、それでも「いつ行けるんだろう」と思っていたのですが、もう一つの訪問もあって、糸魚川まで行ってきました。
下道で、片道2時間のドライブ!


谷村美術館外観

館内は撮影禁止です。
外観写真などは、facebookのアルバムにまとめています。

澤田氏と糸魚川の縁、澤田氏自ら旧知の村野氏に設計を依頼して実現したというエピソードや見どころをスタッフの方が説明してくれました。

回廊を通って、建物へ進みます。
洞窟の中を思わせる空間を巡るように歩いて行くと、仏像に出合います。
窓からの光が仏像を照らし出し、ハッとする美しさ。

力強い木の力を感じる作品から、彩色の美しい作品など、どれも美しいです。
知らずに呼吸が深くなる気がしました。

仏像との出合いを包み込んでくれる空間。
ふと、ガウディの造る空間もこんな感じだろうか?と思いました。
触れたことのない、憧れのガウディ。

美術館に隣接する日本庭園「玉翠園」を鑑賞するための建物には、谷村美術館の資料も。
最終決定までの模型や施工時の写真、図面や関連する書籍などがあって、興味深いです。

自然光をうまく取り込んでいる美術館の空間。
季節や時間帯によっても、見え方や雰囲気が違うそうです。
今度は、電車で行って、駅から歩いて行ってみるか…など思ったりしています。

参考リンク

新潟県糸魚川市にある、素晴らしい建築です。
一度足を運んでみては如何でしょう?
仏像好きの方も是非。