図書館だから、出合える本がある

図書館で借りた本

すずめ商店(書店部)で本を選んでいるうちに、思い出したこと。
あ、この本、読みたかったんだっけ!

書評を読んで興味を持ったものの、「買う」優先順位では下位にいて、当時は図書館にも無くて…。
いつの間にやら忘れていました。

それが、『すごい本屋!』です。
和歌山県の山奥にある、約20坪の本屋さん「イハラ・ハートショップ」のお話。
2008年12月30日発行とありましたので、知ったのは多分2009年…4年前!

カーリルで確かめたら、十日町市の図書館「十日町情報館」にありました!
“総記”という馴染みの無い分類の棚にありましたが、他にも何だか面白そうな図書や本をキーワードとしたタイトルが並んでいました。

予定外の本を借りて帰る楽しみ

ついでに借りてきたのが、新着本のコーナーにあった『カラスの教科書』。
造りが好みで、手に取りました。

書店やAmazonでは出合えなかった本だと思います。
借りるだけだから、お財布との相談も不要で気軽。
「あぁ、やっぱり本のある場所はいいなぁ」と思うのでした。