ときめく本に出合えました

ブックマーケットで出合った、「港の人」発行の本二冊

BOOK MARKET会場で、わたしの心を一際わしづかみにしたのは、港の人のブース。
どれもこれも欲しくなったのですが、まず買ったのは『君に目があり見開かれ』です。
初めての句集です。
本の佇まいに惹かれ、買いました。

そして、最初にドキュンと来て、一度は諦めた『目であるく、かたちをきく、さわってみる。
やっぱり欲しい!と自分的締切時間の直前に買いました。

どちらも美しい本です。
『目であるく、かたちをきく、さわってみる。』は、谷川俊太郎さんの訳でした。

谷川俊太郎さんの名前には、条件反射のように反応してしまいます。
インスピレーションじゃなくて、谷川さんの名前で欲しくなってるんじゃないか?
そう、自分を疑ってしまいました。
晶文社のブースにあった『写真』にも、吸い寄せられました。

でも、やっぱり我慢できずに購入。
正解でした。
手触りの面白いカバーの下にのぞく、ピンク色の表紙のチラリズム。
ページをめくるたびにドキドキする、言葉と写真。

「港の人」刊行の本

ブックデザインは、有山達也さんでした。

一目惚れだった『君に目があり見開かれ』も、触感が面白いです。
帰りの電車で表紙をめくったら、サインが…。
ちょっとドキッとしました。

港の人発行の句集にあったサイン

わたしにとって、本は手触りがあってこそ。
いい本に出合えたなぁ…と、しみじみしています。
しみじみと読んでいきます。

手触りのよい本が幸せ