曲げ木の文房具

曲げ木のペンケース「アバンウッド」

美しく、美味しそうな、これ。万年筆ケースです。
国産無垢材を曲げ木加工して、万年筆を包むインナーは本革製。
高級感ありますでしょ?
7,300円です。

天然無垢材ならではの木目の美しさは、格別です。
黒い色は、塗ってあるんじゃなく、染めです。
無染色のナチュラルもあり、色染めは木目が際立ちます。


曲げ木の万年筆ケース

1本用は35gと超軽量、実際に触ると、とても気持ちいいんです。
ずっとナデナデしていたくなります。
曲げ木の雑貨「アバンウッド」サイト更新のお手伝いをさせていただいた機会に購入しました。
ナデナデは、自分のものにならないとできませんからねぇ…。

手触りのいい、曲げ木のペンケース

この万年筆ケースに似合う筆記具、わたしが持っている中では「五十音 ミミック」でしょうか。
鉛筆補助軸なのですが、ミミックの赤が曲げ木にもカッコイイ。

曲げ木の万年筆ケースに、万年筆風鉛筆補助軸「ミミック」

引き出しは途中でロックがかかるので、不意に外れてしまうことはありません。
ぐっと引き出すと、全て引き出せます。

曲げ木の万年筆ケースからペンを取り出す

技術的な説明の詳細は省きますが、無垢材の曲げ木加工は難しいのだそうです。
それを実現させた技術だからこそ出来た、形と構造。
2つの曲げ木を組み合わせた外ケース、本革製のインナーを装着した曲げ木の引き出し。

曲げ木の万年筆ケースの裏面

金具は使われてません。
シンプルな構造は、ちょっと萌えます。
持ったときの感触の良さを出すため、手作業での調整も欠かせないそうです。

ミミックとジェットストリーム3色とを並べました。
サイズ感は伝わるでしょうか?

曲げ木の万年筆ケースと筆記具の比較

あ、万年筆が並んでない…。
LAMYカクノなどの、鮮やかな色の万年筆もいいですよ。
T教授の「戦略的衝動買い」の記事によると、高級万年筆もバッチリ入るそうです。

曲げ木の万年筆ケース「アバンウッド」にカクノ

付属の箱は、そのままギフトにもピッタリです。
1本用のほかに、2本用、3本用があります。

アバンウッドの曲げ木万年筆ケースの箱