玄米ご飯で、かしこい子に

玄米ご飯

かしこい子になる「毎日のごはん」”という特集を『クーヨン』2013年10月号で見つけました。

「かしこい子」とは?

ここでいう「かしこい子」は、こんな子ども。

「やりったい!」意欲で目を輝かせて、 自分でちゃんと判断できる……。

そのためには、体からということで、特集が組まれました。

まずは「食」を通したからだづくりから! からだがしっかり育っているからこそ、 さまざまななことに興味、関心をもち、チャレンジする。 それが本当の「かしこさ」につながる

その中で「玄米」について書かれていた部分をピックアップ。

よく噛む食事

「子供の部屋保育園」では、玄米中心の献立を立てているそうです。
乳幼児のおやつにも「玄米おにぎり」。

  1. 「噛む」
  2. こめかみを動かすことになる
  3. おでこがせり出し前頭葉が発達
  4. 自分で考え、工夫できる頭に!

「噛む」ことによって、骨格も変えることになるようです。

大人や高齢者も「噛む」ことが大切

噛む(味わう)大切さは、大人や高齢者にも云われています。
高齢者向けの噛む料理ということで、検索していて見つけたので、メモ。
料理本『練馬発 わかわか かむかむ 元気ごはん』 ※PDFでも配布
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/koreisha/kenko/wakawakakamukamu.html