すずめ文庫の蔵書紹介(リンク)1

すずめ文庫の栞

すずめ文庫で紹介している本のリンクを何回かに分けて紹介します。
オンライン書店・図書館検索へのリンク、関連サイトへのリンクをまとめました。
添えている文章は、写真に写っている「すずめ文庫の栞」と一部同じです。

『へろへろ』と『ヨレヨレ』

今年一番おすすめの本たちです(買ったのは昨年暮れですが)。
福岡市の高齢者介護施設「宅老所よりあい」の雑誌『ヨレヨレ』と、その編集者 鹿子さんの著書『へろへろ』。
高齢者介護施設から生れたとはいっても、福祉の専門書ではありません。

生きるって、老いるって、死ぬって…
それはフツーだけどスゴイこと。
誰かや何かを言い訳にしない、かっこいいけど、ちょっとダメなところもある人たちが登場する、パワーあふれる本です。

ネットで知って、ネット通販で買いました。
きっかけは覚えていませんが、ピーンと来たのです、多分。

4号発行された『ヨレヨレ』は、残念ながら4月に廃刊・販売中止となっています。

谷川俊太郎さんと岩崎航さん

2003年、「ほぼ日」のイベントで谷川さんの朗読を生で聴き、谷川俊太郎さんのファンになりました。
その声、ことば、リズム、そして、たたずまい。

84歳の今も現役でご活躍です!
この春、谷川さんに会いたくて、浦和へ
やっぱり、すてきでした。

岩崎航さんを知ったきっかけも「ほぼ日」でした。
進行性筋ジストロフィーと共に生きる詩人。
うつくしくて、やさしく、そして強い、そのことばにハッとします。