今の「ロマンチック」

しゅんしゅんさんの立春はじまりのカレンダー

『ボタンとリボン』を手にしてから、ずっと持っている疑問。
「わたしの“ロマンチック”は何だろう?」

今、一番、それを感じるのが、素描家 shunshunさんの作品です。
ふと目にしただけで、キュンとしてしまいます。
タイミングよく、オリジナルのカレンダーを買うことが出来ました。

きっかけは古本

shunshunさんの作品を意識したのは、古本買取サービスを利用したバリューブックスからの夏のお便りでした。
こういうことをするバリューブックスという会社に感謝。

shunshunさんが描いた、バリューブックスからのお便り

しばらくは、壁に貼っていました。
そして、つい先日、Twitterでカレンダーを出されていたことを知りました。
立春はじまりとはいえ、もう無いかぁ〜〜〜と半分諦めながらも、ホームページを初めて訪問。

なんとまだ販売されていました!!!
しかも、直接送っていただけるという…。
興奮を抑えつつ申し込み、代金を振り込み、待ちました。

線も、手触りも、紙もすてき

shunshunさんのカレンダーに同封されていた紙たち

shunshunさんの繊細な柔らかい線に惹かれたのですが、カレンダーそのものとパッケージの紙はもちろん、同封の紙のものもすてきです。
もちろん、あのファイルに収めました。

ずっと“かたいなぁ”と思っていた自分の名前の漢字、素直に“いいなぁ”と思えたのは初めてでした。
これも、とってもうれしいことでした。

届いた封筒の表書きなども、すべてツボ。
パッケージの金色インク印刷もいいのですよぉ〜。

shunshunさんのカレンダーのパッケージ印刷

先ほど、shunshunさんのホームページを見た時点では、カレンダーはまだ販売されています。
ポストカードも販売されていますが、わたしはカレンダー購入に焦っていて見逃しました…。

shunshunさんのカレンダー

shunshunさんのカレンダーのお陰で、“いい時期に生まれたんだなぁ”と嬉しくなりました。
実際には、大雪の中で大変だったってことですが。