ずっと気が合わないコンパクトデジカメ

ソニーのコンパクトデジカメ RX-100

先日初めてのミラーレス一眼レフのデジタルカメラを買ったところですが、その前に買ったのは、ソニーのコンパクトデジタルカメラでした。
Carl Zeiss という文字に惹かれ、ミーハー気分で買いました。

しかし、この子は気まぐれ。
バッテリー残量がまだまだあるぞと思っていたのに、シャッターが切れない…。
電源オンオフの動きもあやしく、仕事の場でヒヤヒヤしたことも何度か。

操作感はとてもよくて好きなのですが、一方通行という感じ。
田んぼに持って行ったり、使いかたが荒かったのですかね。
このカメラは都会派か?

そんな彼に、更なる問題発生。
右上のほうに見える黒いボンヤリ。

ゴミが写る

レンズ表面じゃなく、中のセンサーに付いているゴミのようです。

ネットで検索したところ、「掃除機で吸い取るといい」とか「分解してクリーニングした」という記事が複数見つかりました。
しかし、掃除機は持っていませんし、分解する勇気はありません。

広角は先日手に入れたミラーレス一眼レフが担ってくれるので、ゆっくり考える時間があるのは幸いです。