ド近眼

Forest & me.
Forest & me.

実際に視力もかなり悪いのですが、こころの視野角が狭い自分にホント呆れます。

tanneで買ってきた、リトルプレス『Forest & me. 03』。
別冊『森で読む本120冊』は年末に買っていたのですが、昨年の夏の初めに発行されていた『Forest & me. 03』は今まで手に取らずにいました。

『森で読む本120冊』がすごく良かったので、Forest & me.サイトを見たら、03の特集が「ふらり、小さな旅へ。
最近のテーマの一つが「旅」なので、tanneにまだあったら買おうと思って、先日行ったのでした。

で、サンプルを手に取ったら、巻頭に tanneのアラキさんが載ってるではありませんか!
何で今まで気づかなかったんだー、私…。
オープンから半年経った頃のtanneが載っていて、懐かしくも想うくらいでした。
約1年前の写真なのに。

読み進めて行ったら、以前に気になった手紙社の人が載っていました。
それをきっかけに、久しぶりにサイト『今日のお手紙』を訪問したら、手紙舎ヒバリという場所を作られたことを知りました。

そして、[2010年3月9日のお手紙]には、先日 tanneのお2人とも話した「地方」について書かれていました。
一部引用させていただきます。

地方が活性化するためには、”活性化”している人々がそこにいれば(来れば)いいわけです。問題は、活性化している人々とは多くの場合若者で、若者とは多くの場合お金がないということ。お金がない若者が暮らしていくために必要なのは、突き詰めれば「家」と「仕事」。

仕事に関しては、これはもう、自分で”つくる”しかないんじゃないかな、と、僕は思います。「田舎だから、こんな仕事」という、これまでの常識とは別の”あり方”が、ものすごくあるような気がする今日この頃。