柏崎、そして上越

今日は、母のお供であっちこっちへ。
まずは、柏崎市の游文舎(ゆうぶんしゃ)で開かれている、アンティエ・グメルスさんの個展へ。
アンティエさんは、昨年開催の大地の芸術祭に参加されていたアーティストです。

アンティエ・グメルスさん個展会場
アンティエ・グメルスさん個展会場

母は、ひょんなことで知り合って、アンティエさん自身に親近感を抱いていました。
今回「柏崎でやってるなら、見に行ってみっか」ということに。

私はついでという気分で見に行ったのですが、良かったです。
目がモチーフなので、ちょっと気持ち悪いかなと思っていたのですが、見ていると「光」をイメージしました。
ちょうど、人が途切れた時間に行けたので、作品を楽しめました。

運良く、アンティエさんご自身にも会え、母はテンションアップ!
しかし、小品でも4万円で、お持ち帰りは出来ず…。

その後は、上越市へ向かい、お昼は直江津の鳳苑で。
坦々麺、美味しく頂きました。

上越市 鳳苑の坦々麺
上越市 鳳苑の坦々麺