越後妻有トリエンナーレ作品「胞衣 – みしゃぐち」

8月30日、友人と「うぶすなの家」と「胞衣 – みしゃぐち」へ行きました。
「うぶすなの家」で撮った写真は、手ぶれが多くお見せできません。
「胞衣(みしゃぐち)」で撮った写真をPicasaアルバムにアップしました。

「胞衣 – みしゃぐち」は、古郡弘さんの作品です。
2006年設置された当初の様子は、荒川ゆらり「幸田文に導かれて信濃川へ−越後妻有アートトリエンナーレ」をどうぞ。
このサイト「荒川ゆらり」を運営している渡辺さんに教えていただいた作家さんです。

2003年の古郡さんの作品「盆景−?」を見て、2006年の作品も期待していました。
不思議な雰囲気があります。
作品としての主張は分かりませんが、その場での居心地の良さを感じます。
時間があれば、しばらく佇んでいたい場所です。

ふた冬を超え、今もそこで存在感を示す「胞衣 – みしゃぐち」。
「復興は大地から始まる〜芸術祭に挑んだ夏・新潟中越〜」というテレビ番組を見た感想が載っているブログを見つけました。
「胞衣 – みしゃぐち」作品誕生の背景を伺い知ることができます。

参考サイトへのリンク