矢尾板さんのカップにコーヒーを

矢尾板克則さんのフリーカップにコーヒー

一昨年買って、昨年ようやく下ろした矢尾板克則さんのフリーカップ
その後もたまに使っていました。
貫入へのしみ込みが気になって、まだコーヒーは入れてなかったのですが、とうとう。

コーヒーは、勿論ミールクラフトさんのお豆で淹れたものです。
普段飲んでるマグカップと同じくらいかと思うくらい、意外とたっぷり入りました。

手のひらで包んでいると、嬉しくなる感覚があります。
その感覚を思い出しただけでも、思わず口がにやける…。
大事に仕舞っておいたフリーカップですが、台所の自分の抽斗に移し、日に一度はこれで飲もうと思いました。
コーヒーとか、焙じ茶とか。

矢尾板さんのカップをもう1客、そして焙じ茶用の急須、お盆、茶筒、菓子皿…なんて、欲望も広がります。