ブックカバー試作

ブックカバーのサンプル

先日思いついた「オリジナルのブックカバー」
レトロ印刷でも試し刷りして、サンプルを作ってみました。

同じデザインで、自分でモノクロレーザー×クラフト紙、レトロ印刷で緑インク×3種類の紙です。
レトロ印刷で選んだ紙は、わら半紙・ハトロン紙(裏表)・ポッポ紙(裏表)です。
合計6種類のブックカバーが出来ました。

実際に、文庫本に被せてみます。
今日届いたばかりの『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』を包みます。

文庫本

ブックカバーの上側折り返しには、中心の印を付けてみました。
A4だと左右の折り返し部分がギリギリになる場合もあるので、印があれば左右の折り返しを均等に出来るかなと思いまして。

ブックカバー中心の印

さて、いよいよ、実装。
まずはクラフト紙とわら半紙。
透け具合を確認するため、クラフト紙以外は、重しを付けました。
表紙には、いろんなハンコを。

クラフト紙のブックカバーわら半紙のブックカバー

ハトロン紙の裏・表。
ツルツルの方が「裏」です。

ハトロン紙のブックカバーハトロン紙のブックカバー(表側に印刷)

そして、やっぱり片面がツルツル(裏)している、ポッポ紙。

ポッポ紙のブックカバーポッポ紙のブックカバー(表面に印刷)

厚み、あるいは紙の目(紙の繊維の向き)のせいでしょうか、上下の折り返しが思ったより折りづらかったです。
一番いい感じだと思ったのは、ポッポ紙でした。
正直、意外。

今後は、しばらく使用感を試します。