『自分の仕事を考える3日間』

「本との出合い」を書いたら、新しい本と出合えました。
お勧めコメントを頂いた『自分の仕事を考える3日間 I』。
図書館で探すも無く、Amazonを見たら「在庫:1」だったので、思わず注文。
北書店なら置いてあるだろうに、近くには無い訳で、またAmazonに頼っちゃいました。

昨年開催されたイベント奈良県立図書情報館「自分の仕事」を考える3日間のフォーラム・ゲストに、ファシリテーターの西村佳哲さんが事前インタビューした内容をイベント開催後にまとめたものです。
登場するゲストには、以前から興味を持っていた方たちのお名前もありました。

読みかけの本もあるのに、がっついて読んでます。
といっても、同じく西村佳哲さんの著書『自分の仕事をつくる』もそうでしたが、一つ一つ「そう、それ!(合点)」「うーん(深く共感)」「うわー(言葉もない)」という波が押し寄せてくるので、読みやすい文章なのに簡単には進めません。

2008年夏に知って気になっていた、「半農半X(エックス)」という考え方・生き方を提案している塩見直紀さんの言葉に、うわっ!と思った箇所がありました。

「半農」を別の言い方であらわすと、レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー(自然の神秘さや不思議さに目を見張る感性)」みたいなことだと思っていて。

半農半Xという生き方 (新書版)』を読んだのに、ちゃんと理解していなかった私は、「農業、ちゃんとは出来ないなぁ…。今のところ、機械も動かせないし」と思っていました。
でも、「センス・オブ・ワンダー」なら、すぐに実践できます。
恵まれた場所に居ます。

この文章に会うちょっと前に、八重桜の枝切れを見て、樹皮の美しさに惚れ惚れしていたところでした。
ぺんぺん草(なずな)のしなやかさに、うっとりしていたところでした。

八重桜の枝切れ
八重桜の枝切れ

ぺんぺん草
ぺんぺん草

これって、「センス・オブ・ワンダー」で合ってるかしら。

『自分の仕事を考える3日間』『自分の仕事をつくる』は、とにかく今一番、自分に響く本です。
いいとこだけでも書き出そうと思っても、いっぱいありすぎて困るくらい。
人に教えたい、プレゼントしたいけれど、手元に置いて読み返したい…とても、困る本です。

出合えて、よかったー。