方眼ノート

ツバメノート Thinking Power Notebookを知ってから、方眼ノートといえば、それでした。
色んなサイズがありますが、毎日のように出番があるのが、名刺サイズの「ライモン」です。

本を読んで、いいなと思った文章を書き写しています。
ただいまは、『自分の仕事を考える3日間 I』と一緒に利用しています。
筆記具は、万年筆 LAMY サファリのEF(極細字)。

名刺サイズのツバメノートを使う
名刺サイズのツバメノートを使う

名刺大は、ちょっとした文章を書き写すには、ちょうどいいサイズです。
これ!と思った言葉を書くのには、万年筆は良いです。
しかも、LAMY サファリは、しばらくキャップをしないままでもインクが乾かないのです!
でも、書いたインクは、スーッと紙に馴染んで、乾きは早い気がします。
さらに、Thinking Power Notebookで採用している「ツバメフールス紙」は万年筆に最適の紙と言われ、とても気持ちよく書けるのです。

と、Thinking Power Notebook一辺倒だった私ですが、久しぶりにツバメノート社ホームページを見たら、気になる方眼ノートがありました。
セクションノート」。
デザインは、ユルリク
前から気になっていたクリエイティブユニット(ユルリクサイトの表現)です。

Thinking Power Notebookの方眼は薄い水色ですが、セクションノートは薄いグレーの方眼とのことです。
うぅ、実物、見てみたい…。

他の文具も気になるし、ユルリクのショッピングサイトから買ってみたいです。
しばらくは緊縮財政なので、我慢我慢。