美味しそうな漆の作品

漆の箸置き

昨日、飯塚直人さんの漆展へ行って買ってきました。
箸置きです。
栃と聞いたように記憶しています。

何だか美味しそうでしょ。
会場では壁に立てて並んでいて、一つ一つ模様も違って、その様子がとても可愛らしかったです。
その中から2つ、選んできました。

この縞模様は、作ったものでなく、自然に出てきたのだそうです。
思わず、こんな包装で誰かにプレゼントしてもいいかもと妄想しました。


漆の箸置きをキャンディ包み
ミニポチ袋に漆の箸置き

使っているポチ袋は、倉敷意匠計画室のぽち袋です。

この拭き漆のシンプルな箸置きの他にも、美味しそうなキャラメルかキャンディ(麻雀牌とも)のような箸置きや、豆皿、キャンドルホルダーなど小さいもの好きにはたまらない作品が並んでいました。
飯塚直人さんの漆展は、7月3日(日)まで、直江津駅近くのなおえつ茶屋にて。

近くに有料駐車場もありますが、歩いて5分足らずくらいの距離にイトーヨーカドーがあります。
買い物がてら、ヨーカドーに車を置いて、直江津の町を歩きながら会場へ向かうのも楽しいです。
なおえつ茶屋さんに町歩きマップがありましたし、ヨーカドーからなおえつ茶屋へ向かう通り沿いにある西澤商店さんのホームページで公開されている「なおえつ つっかけMap」もお勧めです。

西澤商店ホームページ

(6/27追記)
漆の箸置き、マッチ箱にも入れてみました。
横だと2個、縦だと3個入るとちょうどいいサイズでした。

漆の箸置きをマッチ箱に
漆の箸置きをマッチ箱に

ところで、次の週末、個展会場に飯塚さんご本人いらっしゃる予定とのこと。
漆作家さん」という渋めのイメージとはちょっと違う(と思う)30代半ばの方なんで、ぜひ直接話を聞いてみてください。
個展会場のなおえつ茶屋は、喫茶や地元の特産品販売があったり、casa seco(カーサ セーコ)さんの蜜蝋キャンドルがあったりする場所。
ギャラリーだけじゃないので、割と気軽に入れると思います。