村山大介さんの器

村山大介さんのマグカップと豆皿

十日町在住の陶芸家 村山大介さんの「冬ごもり展」で、マグカップと豆皿を買ってきました。
マグカップ、ゆりさんのコースターとピッタリでしょう。

ゆりさんのコースターを見た時に、浮かんだのが村山大介さんのこのカップでした。
実際に見慣れていたのは、自家焙煎珈琲 ミールクラフトさんでの試飲で手にしていた小さいカップ。
その触り心地と口当たりが気に入っていました。

いつか買いたいと思っていたのですが、コースターと出会って「欲しい」熱が出て、買ってしまいました。

実際にマグカップを手にしたら、イメージ通りの手の中の収まり感。
ぽってりした印象ですが、軽いです。
色も気に入ってます。
全体はマットな、薄めのアイボリーなのですが、釉薬が溜まったところが青。


村山大介さんのコーヒーカップ

一緒に買った豆皿は、地元・十日町の土を練り込んでいるのだそうです。
表面の飴色と裏側のちょっとざらざらした質感も良い感じです。

村山大介さんの豆皿

お酒の飲めない私ですが、「ぐい呑み」「ぐい呑み用巾着」のお話は、聞いてて面白かったです。
ぐい呑みの形や素材によっても、お酒の味の印象が変わるそうです。
注ぐのは同じお酒でも、その日の気分によって味を変えられるのだとか。

酒屋さんとコラボして、十日町のこのお酒にはこのぐい呑みみたいなのが出来ればいいのに、と思いました。
味見できないのが残念ですが。