台北で食べたもの

台北101のフードコート

台湾旅行、食べ物も楽しみの一つのはずでした。
そんなに色々食べたいとは思わなかったけれど、茶藝館行ったり、マンゴーかき氷食べたり、肉粥や小籠包もね…と思っていました。
実際には、どれも経験しませんでした。

台北に着いた日の夕食は、台北101のフードコートでラーメンと空心菜炒めのセット。
そして、やたらと人気の様子のお総菜店からもピックアップ。
「鶏脚」も売っていたけれど、勇気を出してお店の前に戻った時には売り切れてました。

そして、買ったのが、こちら。


人気のお総菜店で買ったもの

あ、「豚の耳」って書いてありますね。
美味しかったですよ。

イオン飲料、麦茶など持ち歩きの水分は、そこかしこにあるコンビニで補給。
真ん中のは、ホテルサービスの水です。

台北で買った麦茶や水

2日目朝は、ゆっくり予定を立てながらと思い、春水堂でモーニングセット。
タピオカティー(種類分からず)も頼んでみました。
日本では、台湾から輸入のタピオカがニュースになってた時期でしたが。

春水堂のモーニングセット

里芋でどーのこーのというお餅みたいなのは、食べでがありました。
お昼もまだお腹いっぱいで、昼食は結局食べず。
夕食は、今回サポートしてくださったエヌ氏に付いて、タイ料理店へ。
そして、その夜、腹痛に見舞われたのでした。

タイ料理は美味しかったけど、パクチーが強烈でした。
胃腸がビックリしちゃったのかな。
日本で食べたことのあるパクチーとは、パンチ力がまるで違いました。

3日目朝は薬飲むためにも何か口に入れようと、ホテル近くのスターバックスへ。
あ、朝食無しの宿泊プランにしていたのです。
スープあるかなと思ったのだけど、私の英語は通じず、とりあえず食べる。

台北のスターバックスで

気温36度という暑さの中ウロウロして、休憩がてら、巨大書店の中で初ウーロン茶。
店員さんが「ソフト」と勧めてくれたもの。

ウーロン茶

4日目も全然食欲が出ず、SOGOのウェッジウッドのカフェに。
匂いがキツイところは無理だったので、最上階まで上がっていったら、こんなことに。
ポットにはミルク、トーストのサイズは想像以上に大きくて、半分残しました。

ウェッジウッドのティールーム

他は、水分補給のペットボトルと帰りの空港で試飲した阿里山珈琲のみ。
具合悪くなって、体が欲しくなったのは、出汁の味でした。
次は、こぶ茶かインスタント味噌汁、そして梅干しを持って行くのを忘れずに。

台北のコンビニでもあったかもしれないと、日本に帰ってから思いました。
でも、頭も回らなかった…。