台湾へ向かう窓からの富士山

富士山

東京へ行く時には、上越新幹線の窓から富士山が見えるか、チェックしてしまいます。
東京へ行くっていっても、年に1度あるかどうかですが。

台湾へ出発する日は曇り気味、羽田空港へ向かう途中は見られませんでした。
しかし、飛行機の窓から、富士山が見えたのです。
嬉しくて、思わずシャッターを切りました。

切り取る前の縦長の写真はこちら。


台湾行きの飛行機の窓からの富士山

初めてネットで海外旅行を予約し、一人で飛行機に乗るという経験をした、ビビリな私
“入力間違えてて、当日出国できないとか無いよね”とか、変な心配ばかりしてました。
“出国できなかったら、東京でどこか行こうかな”とまで妄想していました。

セキュリティチェックの際に、腰サポーターの金属板が反応したけれど、それ以外はスムーズでした。
全く予想もしていなかった「お腹が痛くなって体調崩す」ハプニングがあっただけ。

飛行機は、往復とも窓際の席でした。
帰りは夜10時頃だったので、東京スカイツリーのイルミネーションが見えました。
体調悪くて、「早く着陸してくれ!」とばかり念じてましたけどね(-_-;

この旅で感じた、不安と期待でのドキドキ
10代の終わりに、初めて一人旅をしたときのことを思い出しました。
当時はネットで乗り換え案内なんて調べられないから、時刻表をめくって乗り継ぎを調べました。
ホテルも電話で予約したと思います。
青春18切符で、夜行の鈍行を使って、出掛けたのです。

不安だったし、心配だったし、恥もかいたし、失敗もしたし…でも楽しかった。
それを思い出してました。
あの時と同じで、結果、心配無用で、周りがみな優しく感じました。

そう、一人で出掛けると、みんな優しい気がします。
その初めての一人旅の時も。
電車の中で子どもにアメを貰ったり、乗り継ぎの駅で駅員さんが優しく教えてくれたり。
そんなこともあって、一人で動くことも好きになったのかも。

そして、色んな所へ行きたいと考えていたことも思い出しました。
勝手に“私にはもう無理”と思っていたけれど、“心配するほどでもないかも”とも思えてきました。
言葉が通じないことにも大して動揺しない、図々しい自分を再認識できたことも収穫。

台湾ネタは、もう少し続きます。
見たこと・感じたことの記憶を少しでも残しておきたいので。