メロンパン、あります

昨日、上越市で開催されたスミレ屋さんプロデュースの「家庭科まつり」へ行ってきました。
体験講座で作ってきたのは、メロンパン
羊毛フェルトで作るメロンパンです。

私は前回に続き、2回目のフェルト手芸体験。
材料・道具は全て揃えてもらっていて、全くの初心者でも参加できる体験講座でした。
作り方も、ていねいに教えてもらいます。

家庭科まつりで「フェルト手芸 メロンパン」まずは、土台作り
大きめの羊毛をドーム型にチクチク成型していきます。
先生にコツを伝授してもらいながら、チクチクチクチク…。

道具は写ってませんが、「フェルティングニードル」でチクチク刺すと、羊毛の繊維が絡んでいきます。
そうやって、形になっていくのでした。

パン本体の部分が出来たら、上にかかるクッキー生地の部分を作ります。
ふんわり薄く、円い形になるように周りをチクチク…。
メロンパンの上にかかってるのがクッキー生地だって、初めて知った私。
このとき、自分の出来上がりが不安になりました。

円くしたクッキー生地部分をパン本体のフェルトの固まりに被せて、端をチクチク止めます。
そして、格子模様に線をチクチク刺していきます。

更にその上に、うっすらと焼き色用のフェルトを被せ、格子模様の上をなぞるようにチクチク刺していきます。
さ、これで出来上がり!
直径6〜7cmくらいとなりました。

先生の作品と記念撮影。
一目瞭然、左が先生のメロンパンです。

フェルト手芸の「メロンパン」
フェルト手芸の「メロンパン」

フェルト手芸のメロンパンを袋に入れて先生曰く「キットの入っていたナイロン袋に入れると、本物のメロンパンぽくなります(^^)」。

ということで、袋に入れてみました。
たしかに、袋に入っていた方が、それっぽい。

フェルト手芸の作り方を公開しているページを見つけました。
またチクチクしたくなりました。