苔の本

『こけしの旅の本』を知ったのと同時期に、蟲文庫という古本屋を知りました。
倉敷のミニプレス『暮らしき』に載っていた店主の田中美穂さんの文章がとても気に入り、他の文章も読みたいと思っていて、ネットで検索。

すると、『苔とあるく』という本を書かれているではありませんか!
しかも、蟲文庫からも購入できる!(ただし、送料・振込手数料等かかります)

実は、には以前から興味がありました。
家の周りにもいっぱいあります。
ということで、お取り寄せして、届いたものがこちら。

蟲文庫からの荷物
蟲文庫からの荷物


『苔とあるく』とコケマップ、コケ標本
『苔とあるく』とコケマップ、コケ標本

苔も送ってくださいました。
本を注文してから雪が積もり、ウチの周りの苔たちは雪の下。
このまま根雪になっても、苔観察が出来ます。

苔の標本
苔の標本

まだ、ちゃんと本を読む前から、苔観察用のルーペと顕微鏡が欲しくなっています。
」、新しい趣味になりそうです。