土鍋でご飯

普通の土鍋でご飯を炊きました

魚沼地方も新米の季節になりました。
はさ掛けの我が家は、新米を頂けるまで、あと少し。
「洗い米」での炊飯レポートに続き、家にあった土鍋でご飯を炊いてみました。

土鍋は、たぶん20年くらい前に、スーパーで数百円で買ったものです。
土井善晴さんの著書にあった「基本の炊き方」に沿って、炊いてみました。
お米は、無農薬・自然農法コシヒカリ天日干し。

基本の炊き方

どんな鍋でも、これが基本と書いてあったので、その通りに炊いてみました。

  1. お米をといで、ざるに上げ、米に吸水させる(吸水させた状態が「洗い米」)
  2. 「洗い米」と同じ量(体積)の水を加える
  3. 中火にかけ、煮立てる
  4. 沸騰したら、弱火にして15分
  5. 火を止めて、10分蒸らす

まずは、洗い米

洗い米
お米は、2合です。

水を計量

「洗い米」の状態
洗い米と同じ量の水
約40分後、「洗い米」状態のお米と同じ量の水を、適当に計ってみました。

土鍋で炊きます

土鍋で炊飯
土鍋で炊飯、吹きこぼれ
実際には、音で沸騰がわかります。
沸騰を写真に撮ろうと思ったら、吹きこぼれさせてしまいました。
この後、弱火にして15分、チリチリという音が聞こえました。

さあ、炊き上がり!

ツヤツヤな土鍋ご飯
ご飯とお焦げの香りが漂う台所で、ちょっぴりの不安と大きな期待。
10分蒸らした後、蓋を開くと、ツヤツヤ、プリプリでした。

お焦げもばっちり
ご飯を返すと、お焦げもバッチリ。
大成功です!

やっぱり、おむすび

おむすび

自分への「お疲れさん」用は、小さいおむすびを3個。
もちもち、プリプリ、噛むほどに感じる美味しさでした。
美味しすぎて、土鍋で炊いたからなのか、天日干し米だからなのか、分かりません。

ただ、「天日干し」は、何でも美味しくなるらしいですね。
スルメも天日干しだと、全然違う味でした。