「7秒体操」再開

内臓脂肪CT画像イメージ人間ドックの内臓脂肪CTスキャンで、自分の脂肪の付き方を見せつけられました。
こんな感じ→で、背中に脂肪がたっぷりです。

こりゃ何かせねば!と、人間ドック翌日から腹筋・背筋・スクワットを始めました。

でも、腹筋・背筋・スクワットは、腰痛がひどい時にはきつい…数日休むとやる気がなくなってしまって、結局、運動が止まってしまうのです。
意志が弱いだけなのですが、楽な方法がないかと考えました。
そして思い出しました、「7秒体操」。

雑誌『PHP』に何年か前に載っていて、それを続けて体調良くなったんでした。
でも、体調良くなったら、ついついさぼってしまって…。
雑誌は残しておいたはずなのに、いつの間にか処分してしまっていました。

ネットでも色々情報はあったのですが、正しい情報を知りたいと思い、『カラダ浄化大作戦』を買いました。
著者の石原結實さんは、私が読んだ「7秒体操」の記事の筆者でした。
確かに載ってました。
「7秒体操」、正しくはアイソメトリック運動でした。

一つの動作を約7秒ずつ、6つの動作をそれぞれ力を入れる部分を意識しながら行います。
難しい動作や姿勢はありません。
手を胸の前でかぎ形に組んで外側に引っ張ったり、手を下ろしたまま爪先立ちしたり、、、。
これで筋肉が刺激され、続けると基礎代謝が上がるみたいなのです。

最近、もんのすごいお腹が空くのが早いんですよね。
基礎代謝を上げないと、背中の脂肪がどんどん増えそう。
続けるぞ!