「ほぼ日」の本

どーも、ハレの日は苦手で、体調も心の調子も落ちます。
お祭りとか行事とか、辛い…だいたいが休日だから、気が緩むせいかしら。

せっかく家に閉じこもったんだからと、年末に買っていた『ほぼ日刊イトイ新聞の謎。』を読み終えました。
1998年6月6日の創刊から2006年6月5日までの8年分の歴史、623ページ。
よりぬき「ほぼ日」コンテンツが掲載されていますが、よりぬきだからどれも良いです。
が、あえて途中から、付箋で印をしました。

『ほぼ日刊イトイ新聞の謎。』と『インターネット的』
『ほぼ日刊イトイ新聞の謎。』と『インターネット的』

2007年1月2日第2刷発行のこの本を、なぜか今ごろ読みたくなったのでした。
誰かからの「教え」より、当事者や経験者の話の方が興味深く感じます。
大出恭子さん主催の「おしごとランチ」シリーズに参加したときにも、強く感じました。

2001年発行の『インターネット的』は、出かけた先の駅の売店で偶然手にしたものでした。
新書は特にちゃっちゃと処分しちゃう私ですが、これはずっと手元に置いていました。
ほぼ日刊イトイ新聞は、ずっと心に引っかかる存在なのです。
目標と云うのとはちょっと違う、ずっと先を行ってる大きな船かな?