おしごとランチ「読書の秋」参加

十日町のタナカクマキチ。でおしごとランチ
十日町のタナカクマキチ。でおしごとランチ

今日は、十日町でタナカクマキチ。を会場におしごとランチ「読書の秋」
いっぱい用意しすぎて、すべて伝えきれず…。

それぞれの3分スピーチやインタビューワークの中で、こころに残った言葉をいくつか。
とは、本の魅力とは…「出会い」「どこでもドア」「探す楽しみ」「変われる予感」「生きる糧」。

主催者の大出恭子さんを含め参加者11名。
10名の方々のお勧めの本をお聞きしましたが、全く聞いたことのないタイトルだったり、タイトルだけは知っていたり、すべて読んだことのない本ばかりでした。

あぁ、やっぱり、本て面白いなぁと思いました。
もっと色んな本を読みたいなぁとも。
かといって、速読には今のところ興味ありません。
頁をめくる感覚(間隔)が好きなので。

最後に、私がお勧めした本などについての情報です。

参加された方のレポートブログはこちら。