本との幸せな出合い

ギャラリー タンネ
ギャラリー タンネ

柏崎のgallery tanneに、北軽井沢の麦小舎さんが出張。
どんな本に出合えるかなぁと、ワクワクいそいそと出かけてきました。

古本だけでなく、小さな出版社mille booksの新刊本もあり、ちょっと予算オーバーなお買い物。
特に古本は一期一会の出合いだから、真剣に悩みました。

色使いに惹かれて買ってしまったのが、竹久夢二の童話集『』。
「大正十五年發行」と書いてあるのにきれいな状態だなぁとよく見たら、昭和49年に刊行された復刻版でした。
昭和49年でもかなり前ですが、とてもきれいな状態です。
そして小さい頃読んだものと同じような匂いがして、買ってきました。1,200円だったかと。

竹久夢二の『春』と鉛筆
竹久夢二の『春』と鉛筆

鉛筆のオマケを頂きました。
トンボ鉛筆「木物語」のB、麦小舎さんの名前が入っています。
以前に買った五十音オリジナルの鉛筆もトンボでした。

麦小舎オリジナルと五十音オリジナルの鉛筆
麦小舎オリジナルと五十音オリジナルの鉛筆

いつか、私も名入り鉛筆を作って、配ってみたい…。

午前中には十日町シネマパラダイスで『トイレット』を観てリボンカフェでランチした後、松代のAコープでセール品を買って、柏崎のtanneへと、私的にはかなり頑張った移動でした。
鍼灸院にお世話になったお陰か、腰痛もなく、気持ちの良い休日を過ごせ、幸せ幸せ。