封筒を使ったパッケージ

スミレ屋の一箱古本市の本棚に、ミールクラフトさんのドリップバッグコーヒーをオリジナルパッケージで並べました。
古本や雑貨をお目当てに来るお客さんには売れないだろうと思ってたのですが、10個とも完売しました。
ありがとうございます。

家にあるもので作ったパッケージが好評だったので、ここでご紹介。
封筒とコピー用紙で出来ます。

コーヒーのパッケージをA4コピー用紙とクラフト紙封筒で

いつも事務に使っている、A4サイズのコピー用紙(再生紙)とクラフト紙封筒(長3)で。
市内の滝沢印刷(文具館タキザワ)で購入したものです。

A4を4等分にして、帯封的なラベルにすることを考えました。
A4にラベル4枚分を配置して、プリントしてカッターで切りました。
1/5サイズで作るとA42枚で済みますが、文章や文字サイズを考えて1/4にしました。
そのまま誰かにお裾分け、あるいは郵送するなんてこともイメージして、封筒に。

勝手なパッケージ商品名、説明文章、デザインやレイアウト…こんなんでも、何回もあれこれ作り直しております。
イラストレーターというソフトと手持ちのモノクロレーザープリンタで作りました。

封入するドリップバッグの中で一番早い日付の賞味期限を日付スタンプで捺します。
封筒に4つのドリップバッグ(4種類あるので一つずつ)を入れ封をして、ラベルを二つ折りして、マスキングテープ(オシャレなやつじゃなくて、ホームセンターに売ってるタイプ)で留めて、出来上がり。

封筒とコピー用紙を使ったパッケージ

手元にあるもので何とかしようと考えました。
何とかなるもんです。

販売時の正面からの写真はありませんが、こんな感じでした。

古本位置でコーヒーを売る