お灸で体の調整を試みる

火を使わないお灸、せんねん灸「太陽」

最近、毎日使っているのが、コレです。
火を使わないお灸せんねん灸 太陽
毎日、1個ずつ、あるツボへ。
ここ数日は、ぜいたくに腰にも2個追加。

本当は鍼へ行って調整したいところだけど、「ちょっとお灸を試してみるか」と思ったのがきっかけです。
火を使わないタイプを使うのは、次のメリットがあるから。

  • 火を付けるタイプに比べ大きいので、ピンポイントにツボが分からなくても良さそうだから。
  • お腹や背中、腰など、火を付けるタイプだと一人では難しいツボにも使いやすいから。
  • 匂いがほとんどしないから。
  • うっかり忘れてても、安全だから。

ツボは、商品同封のリーフレットやせんねん灸ホームページを参考にしました。
中脘(ちゅうかん)を毎日、そして大腸兪(だいちょうゆ)をここ数日温めてます。

この冬に始めた習慣ですが、自分に合ってる気がしています。
今年はあまり腰が痛くならないのも、お灸のお陰かしらと思ったりして。
今では、お守り・おまじない代わりです。

お試しサイズの6個入り・12個入りはドラッグストアでも見かけるのですが、大きいサイズが無いので、火を使わないお灸 太陽 54コ入を通販で買いました。