「幸田文」の文字に惹かれ『クウネル』購入

現在発売中の『クウネル』の表紙に、「幸田文の生活学校」の文字。
思わず、中身も見ずに買ってしまいました。

幸田文さんが使っていた文具入れの写真が載っていて、似たようなものが欲しいなぁと思いました。
銀行でもらうマッチ箱に千代紙を貼っていた、というエピソードも素敵です。
家事全般についてとても真似は出来ないけれど、そういうちょっとした工夫くらいは真似られそうです。

娘の青木玉さんのお話が載っていて、著書からだけでは分からない文さんのことが少し分かった気がしました。
そして、まだまだ読んでいない幸田文さんの著書を手に取りたくなりました。

写真は、Amazonマーケットプレイスで購入した『雀の手帖』。
装丁も好みで、状態のよいものをお安く手に入れられて、お得でした。

幸田文『雀の手帖』単行本
幸田文『雀の手帖』単行本

今回のクウネルは、「しまつのよい人」と題して、記事が書かれています。
巻頭の記事に出てくる高橋みどりさんのお宅がとても素敵で、生で見たい!
あぁ、「しまつのよい人」になりたい…。